泉山磁石場(いずみやまじせきば)

泉山磁石場(いずみやまじせきば)

 この泉山に磁器の原料となる陶石が発見されたのは17世紀の初めでした。陶石とは石英粗面岩の一種で、石英やセリサイト(絹雲母)を主成分とし、鉄分の少ない所は白い色をしています。この陶石の発見によって、有田で日本初の磁器が焼かれました。
 この磁石場は江戸時代「土場」と呼ばれ、皿山代官所が厳しく管理しました。明治30年(1897)ごろは一年間に1,600斤(約10,024トン)もの陶石が掘られていました。当時の採掘方法は、ツルハシなどを使うもっぱら人力によるものでした。
 約400年の間に山を一つ削り取ってしまい、更に掘り下げた結果、まだ埋蔵量はあるといわれながらも、廃水の不備や熊本県の天草陶石の使用が多くなって、今日ではほとんど採掘されなくなりました。
昭和55年3月24日 国史跡指定