有田の龍 火と水がもたらした地球の恵み

たつじんにマナブ~有田を巡る石の話~

令和元年5月26日(日)19:00~
会場:炎の博記念堂 文化ホールホワイエ
入場料:500円(コーヒー付き)

地域の様々なたつじんに教えを乞う「たつじんにマナブ」シリーズ。
14回目は、私たち有田に住む者にとって、生活、文化の原点とも言える陶石について学びます。
今回のたつじんは、昨年の放映されて大反響を呼んだNHK「ブラタモリ」に出演された地質学者で元長崎県窯業技術センターの主任研究員の竹内浩一さん。
放送内容に合ったように、地質学の観点から、有田の石について教えていただきます。
200万年前の有田を知ることで、今の有田を知ろう。

◇たつじん
竹内 浩一(たけうち こういち)
地質学者 神戸出身
九州大学理学部地質学科卒業後、東京大学大学院理学系研究科修士課地質学専門課程修了。
主に、資源地質学を研究する。長崎県窯業試験所に就職後は陶磁器(食器)製造技術、ファインセラミックスの開発に従事。
長崎県地学会副会長

◇主催
炎の博記念堂(0955-46-5010)
◇後援
有田町教育委員会 有田磁石場組合

チケット取り扱い
炎の博記念堂・有田町生涯学習センター・有田観光協会・有田町婦人の会・有田町東図書館・有田町西図書館

佐賀県有田町の広報「広報有田」2019年5月号PDF<< >>佐賀県有田町の広報「広報有田」2019年6月号PDF

About the author : aritajin

Leave a Reply

Your email address will not be published.