RIZIN

【RENA✕富松恵美】戦績などから勝敗予想!RIZIN24

RENA 富松恵美

9月27日にさいたまスーパーアリーナで開催されるRIZIN24。

 

RIZIN24は地上波放送もあるということで、数字に期待できるRENA選手がRIZINの会見で公開オファーされていましたが、出場を決めましたね!

 

あんまりジョシカクは興味がないのですが・・

 

今回の『RENA vs. 富松恵美』は勝負論あるカードだと思うので、戦績などを紹介しながら勝敗予想していこうと思います。

 

女子トップクラスの打撃のRENAと柔術黒帯の富松恵美。

 

結論から言えば、

RENA選手のKO勝利と予想します!

こちらもCHECK

RIZIN24 対戦カード
RIZIN24全対戦カードと選手コメントまとめ!

スポンサーリンク 9月27日さいたまスーパーアリーナで開催されるRIZIN24の全体戦カードと選手のコメントを紹介します。   RIZIN24開催まで一ヶ月を切りチケット販売も開始される中、 ...

続きを見る

スポンサーリンク

RENA vs. 富松恵美

9月13日のRIZINの会見で榊原さんがRENA選手に公開オファーし、2日後の15日のRIZINの会見で、RENA選手のRIZIN24の出場が発表されました。

 

対戦相手はベテラン富松恵美選手。

 

この流れだけ見ると、9月27日のRIZIN24に13日にオファーしたように見えますが、具体的な日にちはわからないまでも前々からオファーはしていたようです。

 

なので、恐らく9月15日の会見でRENA選手に公開オファーしていましたが、この時点で恐らく出場が決まっていたと個人的には思っています。

 

ただ、RENA選手はコメントで

 

MMAの舞台で試合をしている以上、富松選手のような実績のあるベテラン選手に挑戦したい気持ちはあったものの、今回は時間が短く、せめてもう少し準備期間が欲しいというのが正直な気持ちでした。

 

このようにコメントしており、オファーが遅かったのは確かなようですね・・。

 

会見で榊原さんは地上波で男子に負けず視聴率を取ったのはRENAだと言っていましたが、それならなぜ地上波が決まった時点でオファーしないんでしょうかね・・。

 

ただ、恐らく富松恵美選手も同じようなタイミングでのオファーだと思うので、準備期間が短いというのは両選手に言えることだと思うので、決まった以上、お互い言い訳にはできないですよね。

 

まさ
この記事を書いているのが9/20でRIZIN24まで1週間なのに、瀧澤謙太選手の対戦相手も発表されていないし、もう1枚組みたいと言われていたカードも未発表。

 

冷静に考えて、おかしいですからね・・。

 

ちなみに今回の試合は富松恵美選手は普段の階級ではなく、階級を上げて試合をします。

 

RENAのMMA戦績と強さ

RENA選手は説明不要かと思いますが簡単にMMA戦績と強さを見ていきましょう。

 

RENA MMA戦績

13戦10勝(6KO・2一本)3敗。

 

3敗のうち、2敗はRIZINで浅倉カンナ選手。

 

残り1敗はベラトールでリンジー・ヴァンザント選手に絞め落とされたあの一戦ですね。

 

去年の大晦日でRIZINでリンジー・ヴァンザントと再戦し3R TKO勝利でリベンジを果たしています。

 

ただネットなどで一部言われているのは、この試合で極められそうになるシーンがあり、ここでRENA選手はタップしているんじゃないかと言われていますね。

 

とは言えリベンジを果たしています。

 

RENA選手の強さと言えば、シュート王者という実績からも分かる通り打撃レベルの高さでしょう。

 

女子MMA選手の中では本当にトップクラスの打撃だと思いますね。

 

シュートからMMAに転向したということでデビュー序盤は一本勝ちを飾り盛り上げましたが、戦績を見てもやはりKOが多い。

 

寝技とかに付き合ったり魅せることを意識したりする印象もありますが、今回の相手の富松恵美選手は柔術黒帯なので、テイクダウンを許さずスタンド勝負に持ち込めるかどうかが勝敗を分けそうですね。

 

スポンサーリンク

富松恵美の戦績と強さ

富松恵美選手の戦績と強さを見ていきましょう。

 

富松恵美の戦績

15勝(4一本)16敗。

 

富松恵美選手はWikipediaは2014年以降更新されていないので、シャードックからの戦績になるので、多少間違っている可能性もあります。

 

KO勝利はゼロで一本勝ちは4回。

 

RENA選手と比較すると決定率は低いですね。

 

また戦績は負け越してしまっているものの、KO負けは1回で一本負けは4回で、ほぼほぼ判定負けになっていて、KO負けをしたのは2008年になるので、経験も豊富な富松恵美選手からKOを取るのはなかなか難しいのかもしれません。

 

直近の試合は昨年12月のRoad FCで2R一本負けしており、その前の試合が2019年10月のDEEP Jewels26で前澤智選手に判定負けしており現在、2連敗中。

 

まさ
余談ですが前澤智選手は引退試合が決まったようですね!

 

富松恵美選手はブラジリアン柔術をバックボーンに持つ選手で、何でもそつなくこなす選手だと思いますがやはり強みは柔術でしょう。

 

経験もありKO負けは1回しかないですが、RENA選手は普段試合をしている階級より上の選手ですし、打撃は女子トップクラスですから、スタンド勝負を避けて寝かせれるか?が勝負の鍵となりそうです。

 

富松恵美選手はパラエストラ松戸所属の選手なのでRENAに2勝している浅倉カンナが近くにいるので、色々アドバイスを貰って試合に挑むのではないでしょうか。

 

RENA vs 富松恵美の勝敗予想!RIZIN24

RENA選手のKO勝利と予想します!

 

やっぱりスタンドでの攻防はRENA選手に分があるのかなと思いますね。

 

試合は立って始まるので、富松恵美選手は早い段階で倒しに行けるか?が鍵となりますが、RENA選手も富松恵美選手が倒しに来ることは当然、想定しているはずですから簡単には倒させないでしょう。

 

地上波ということもあり、RENA選手が”魅せる”ことを意識しすぎて一本勝ちを狙いに行くなどをすれば話は別ですが、富松恵美選手の実力を認めている感じだったので、さすがにそんな余裕はないでしょう。

 

寝かされれば富松恵美選手に分があると思いますし普通に負ける可能性もありますから。

 

RENA選手は寝かされなければ自分の試合が終始できると思うので、KOもできるんじゃないでしょうか。

 

KO負けが1回しかない富松恵美選手と言えど、普段より上の階級で女子トップクラスの打撃レベルのRENA選手が相手となるとKO負けは全然ありえるのかなと言う気がします。

 

RENA選手がKOできなかったとしても、スタンド勝負はRENA選手が圧倒すると思うので、富松選手は判定に行ってもきつそう。

 

富松選手が勝つなら一本勝ちしかない気がしますね。

 

スポンサーリンク

【RENA ✕ 富松恵美】勝敗予想まとめ!

富松恵美選手がRENA選手を寝かすことができればベラトールでリンジー・ヴァンザント選手に絞め落とされた光景が再び・・

 

なんて可能性も全然有りえると思いますが・・

 

やっぱりRENA選手がKO勝利するんじゃないかと予想します!

こちらもCHECK

RIZIN24 対戦カード
RIZIN24全対戦カードと選手コメントまとめ!

スポンサーリンク 9月27日さいたまスーパーアリーナで開催されるRIZIN24の全体戦カードと選手のコメントを紹介します。   RIZIN24開催まで一ヶ月を切りチケット販売も開始される中、 ...

続きを見る

-RIZIN

© 2020 らんだむ